名古屋市会議員 北野よしはる

トップページ

プロフィール

政策

活動報告

活動報告

【北野よしはる】 »  活動報告

H25.4月に市会議員に当選(現在二期目)した北野議員のこれまでの活動内容をまとめてご報告いたします!

名古屋市議会

H29.6定例会

西部医療センターのがん医療の特色を活かし、子どもの命を守るため、小児がんにも積極的に取り組むべきと質問

※H29年6月27日新聞より抜粋

今年度中(H29)に、西部医療センターに小児がん専門の診療科を新設。

市民の健康を守る取り組みについて

※H29年6月27日新聞より抜粋

現在、無料で受診可能な「特定健診」の受診率向上のため、平日夜18時以降にも受診時間を拡大すること。
現在、健診結果説明が別の日に設定されているのを、たった一日で、健診から結果説明、健康指導まで可能となるよう変わっていきます!

H28.11定例会

自殺対策について

自殺対策計画、18年度に策定!

17年度に自殺の動機分析などの調査に着手する。

ガイドウェイバス高架下の樹木について

ガイドウェイバスの高架下の樹木は枯れ木が目立ち、維持管理が全くなされていないと指摘。

直ちに修繕・改修を決定!

名古屋市は、直ちに樹木の修繕をし、提案通り交差点部分をコンクリートに改修することを決定。

H27.6月定例会

子宮頸がんワクチン副反応について被害者女性の現状を訴え、早急に名古屋市独自の対策を打つよう河村市長に直訴しました!

名古屋市はワクチン接種対象者7万人という全国最大規模の調査検討を今年中に行うことを決定!

北野議員が実態調査スケジュールをただすと
「9月に調査票を発送し、10〜11月にかけて集計を行い12月中に結果を取りまとめたい」と説明。

副反応に苦しむ女性のために、総合リハビリテーションセンターで相談やリハビリ支援をすることを提案しました!

名古屋市は、本年度中に、検査やリハビリを市総合リハビリテーションセンター(瑞穂区)で支援を始める方向を示す。

個室に限定してきた特別養護老人ホーム(特養)の開設について、複数の人が寝起きする「多床室」の整備を認めるよう、9月に条例改正して方針転換するよう要請しました。

河村市長「では、9月に条例改正やります。」と回答。

一定のプライバシーを確保した多床室のあり方などを詰めた上、早ければ9月の定例会にて改正案を提出したい考えを示す。
更に詳しい内容はこちら »[PDF]

H27.2月定例会

全国学力・学習状況調査で、県内の小学生の成績が一部教科でふるわなかったことから「どのような方法で、名古屋市の子供たちの学力向上を図っていくのか」と指摘。

2015年度から市立小学校4校で「教科担任制」を試行する方針を示した。

下田一幸教育長は「教科担任制を15年度からモデル校で試行実施し、その結果を踏まえ、拡充を図る。」と発言。

H26.11月定例会

名古屋市内を走る地域巡回バス(現在9時〜16時台で運行)では不便である為、朝8時台〜17時台に変更するよう強く要望しました!

交通局は、H27年4月から、市内全22系統で運行時間帯の拡大が決定!

地域巡回バス運行開始から10年、一度たりとも検討がされなかった運行時間拡大を北野が強く要望し、実現にいたりました。

<<緊急インタビュー>>

Q今回の市バス増発で何が変わるのですか?

北野議員 地域巡回バスは市内で22系統走っていますが、運行開始後10年間一度も時間帯の検討がされていませんでした。 今回、私はそうした状況を見直し、利便性を上げる為、交通局に考えを質し増発が決定できました。 守山区の場合は、守山巡回と志段味巡回の2系統が走っていますので朝8時台にもバスが走る事になりますよ。

Qそれはすごい事ですね!公共施設や病院でも8時台から開いてる所も多いので、お年寄りなど多くの方が、大変喜ばれる施策の実現ではないですか?

北野議員 市バスは市民、とりわけ交通弱者の足ですので、そもそも便利じゃないと意味がないですよね。 今回の決定で多くの市民が喜んで頂けたら嬉しいです。

Qこうした市の事業等もそうですが、全ての議員が参画し実現できるものなのでしょうか?

北野議員 それは、政策実現力に勝る政権与党だからこそできる事であり、そこは他党議員とは一線を画すところです。 子育て支援の充実・医療・介護・福祉等の施策から地元の小さな陳情まで、私は若さとスピードで取り組んでいます! 地元の皆様にご支援頂いている以上、全力で守山区民の暮らしを良くして地元の皆様に喜んで頂く。 それが私の喜びですね。

H26.6月定例会

全国で問題となった、子どもの不明事件を真っ先に取り上げ、名古屋市内における居所の分からない児童の数を質し、
その問題点を名古屋市にズバリと追求、子どもを守る対策をしっかりと取るよう求めました!

NHK・メーテレ・東海・中京テレビでもニュースで取り上げられる。

所在不明児童に対する市民の関心の高さが伺えます。

H26.2月定例会

医療機器の開発について、企業と名市大が連携して開発すべきと提案しました!

今年度、公立病院としては全国初となる、産学連携の窓口の設置が決定!

名市大病院での産学連携の取り組みについて、河村市長は「とてもいい提案であり、私も全力で取り組みたいと思います。」と発言。

地域巡回バスの運行時間帯拡大を要望しました!

「年内には結論を得られるよう努力したい」と交通局長が回答、初めて検討される事に。

地域巡回バスの運行時間帯の拡大(朝8時台〜夕方17時台へ)が、バス運行開始後10年で、初めて検討される事になりました!

H25.6月定例会

4月市会議員選挙での公約

★災害対策の充実

★医療・介護・福祉の充実

早速、実現する為、本会議にて初登壇、質問!

大規模災害時には、名古屋市内全中学109校を、災害医療拠点化する事を実現!!

医療機関出身という事で、救急医療体制について医師会とも、しっかりと意見交換、連携し市民の生命を全力で守ります!

更に詳しい内容はこちら »[PDF]

副委員長を務める防災エネルギー対策特別委員会の取り組みについて

H26年10月、津波被害にあった岩手県陸前高田市へ視察にいきました。
復興支援の一環で名古屋市の職員11名を派遣している状況確認をしておきたかったからです。
貴重な本市職員を派遣している以上、将来の名古屋の災害対策にそのノウハウを生かさなくては派遣している意味がありません。
陸前高田市長、同市議会議長をはじめ被災者の皆様や現地ボランティアに従事する方々とも交流し、地域防災対策の取り組み強化に対して決意を新たにいたしました。

昼食時を利用して本市派遣職員と懇談

現在の「奇跡の一本松」

陸前高田市長とともに

守山スマートIC事業について

「当初計画平成26年9月の供用開始予定が平成30年3月と大幅に遅れています」との役人の説明を受け、

【北野議員】
この事業は、志段味地区の区画整理事業や大型ショッピングセンターの誘致計画に支障が出ている。完成をこれ以上遅らせないよう、早急に、工事にとりかかるよう要望!

平成25年12月より順次工事開始!

更に詳しい内容はこちら »[PDF]

ガイドウェイバスについて

現在、走行中のバスの老朽化が激しくなってきており、また25台中、リフトバス(車イス対応)は7台しかない状況。

【北野議員】
市民の足として重要な役割を担っているバスである。
安心・安全に利用する為に全車両、リフトバス、ハイブリッド式にするよう要望!

順次、入替え決定!

北野議員の地域活動の様子を写真で報告します。

区内保育園夏祭り

高齢者施設訪問

総合リハビリテーションセンター
を視察

区内の老人ホームを訪問

区内の介護施設を訪問

Copyright © 2013- 北野よしはる事務所 All Rights Reserved.

ページトップへ